旧貴司山治資料館サイト(~parkcity.ne.jp)は閉鎖しました。
内容一新した当サイト http://www.kisiyamaji.com をご利用下さい。

昭和38年NHKラジオ「思い出す人びと」
   
貴司山治のトーク 7話をuploadしました
     
<貴司本人の音声で聞くことができます> 
   1.志賀直哉 2.小林多喜二 3.芥川龍之介 4.菊池寛
     5.宮本百合子 6.徳田秋声 7.藤森成吉
 
貴司山治ってどんな人?
      
──鳴門市立図書館記念展示パネルから 
 
「私の文学史」 遺稿 30章420枚  貴司山治 
解題「私の文学史」をめぐって
      ──プロレタリア文学と貴司山治 
伊藤  純 
「ゴー・ストップ」 プロレタリア大衆小説
           
発禁初版本複刻 19章600枚
「ゴー・ストップ」解題
著者自身による解説(抜粋)
わが遍歴(抜粋 
貴司山治

伊藤  純


「子」 小説・初稿による複刻 
解題・小林多喜二虐殺前後の人間群像
貴司山治
伊藤  純 
「一九三三年」 未発表小説
解題・プロレタリア文学運動終末期の回想 
貴司山治
伊藤  純 
昭和九年三月二十六日の日記・全文 80枚  貴司山治 
貴司山治略年譜 
「小林多喜二全集」編纂過程と貴司山治 関連論文  伊藤 純 
徳島県立文学書道館紀要『水脈』掲載論文
「鳴門塩田争議の再検証・労働者側同時代資料を参照して」 「若林つやと小林多喜二」 「小林多喜二の死と貴司山治」
「『貴司山治』はなぜ『きし・やまじ』か」
「抵抗と崩壊、そして微かな曙光への道程」 ……など
 伊藤 純
貴司山治net資料館&伊藤純の個人誌 
メール:
kisiyamaji(at)yahoo.co.jp
*上記(at)を小文字@に置き換えてご使用下さい
Copyright © 2015 伊藤純. All rights reserved
伊藤純の個人誌
韓国河回仮面劇・土俗を越えた社会劇/韓国仏国寺と独立記念館・〝恨〟ということ/青海省からチベットまで・西蔵高原2000キロ・西川一三の跡をたどる/プロフィール……など
貴司山治net資料館

<貴司山治net資料館について>
このインターネット資料館は、貴司山治の文学的足跡を紹介するために作成しました。
中でも、戦前のプロレタリア文学運動に関係した作品や資料を紹介することをとりあえずの目的としています。
それらを通して、不稔に終わった「芸術大衆化論争」の帰結を考え、今、ほんとうに大衆的、国民的な文学・小説はどこから生まれてくるのかを考えるよすがにしたい、と願っています。
          2006/1/15    伊藤 純

──What's New etc──
◆2017/05/03「貴司山治日記」中の「宮木喜久雄」関連記事をリンクしました。
◆2017/3『フェンスレス』第四号netに公開しました。
2016/10/22 午後9時、貴司山治妻伊藤孝子、老衰のため死去しました。98歳。
◆2016/6
占領開拓期文化研究会機関誌『フェンスレス創刊号(2013)~第三号(2014)は全て『フェンスレス』ホームページで全文閲覧できます。 第四号は近日中に(2016年秋)発刊予定です。
◆2016/6/1~7/31県立徳島文学書道館で「貴司山治と小林多喜二」小展示(終了しました)
リ-フレットをPDFで掲載残置してあります。
◆2016/6徳島文学書道館紀要2016年版(13号)掲載の拙稿「鳴門塩田争議の再検証・労働者側同時代資料を参照して」を掲載しました。御覧下さい。
2013/7 以前私家版で刊行した貴司の
***プロ文代表作「ゴー・ストップ」
***
中編小説集「丹波アリラン」
をISBNを取得し正規に再版販売しております。詳しくは
リンクを御覧下さい。
なお、徳島県立文学書道館〝ことのは文庫〟として
***長篇新聞小説「写楽太平記」上下2巻
が刊行されています。あわせてご参照下さい。 
貴司山治研究、プロレタリア文学研究の基本資料として
***「貴司山治全日記」DVD版
***「貴司山治研究」単行本
*** 雑誌『文学案内』複刻版
が不二出版(株)から刊行されています。リンクをご参照下さい。